Coincheck(コインチェック)取引所が選ばれる5つの特長・口コミなど

>>Coincheck口座開設はこちら<<

Coincheck(コインチェック)の最大の魅力はなんといっても取引通貨数(銘柄)。

2017年の仮想通貨バブル時から利用者が多く、日本で一番知られている暗号資産取引所です。

そんなコインチェックの特長や魅力をまとめました。

このページでわかる事
  • コインチェックの5つの特長
  • 取引通貨、手数料などの詳細情報
  • コインチェックの口コミ
  • コインチェックの口座を開設するべき理由

Coincheck(コインチェック)の5つの特長

コインチェック特長

コインチェックの特長は以下の5つが挙げられます。

国内最大級の取引通貨数が業界最多

主要通貨(BTC,ETH,XRP)はどこの取引所でも売買できますが、日本でアルトコインを一番多く取り扱っているのがコインチェックです。

通貨数が増えると投資・投機チャンスが増し、様々な投資スタイルに対応できます。

優れたUIのスマホアプリから簡単取引

コインチェックアプリ

始めて投資をする方でも見やすいサイトやアプリを提供。

買い時や売り時が一目でわかるのでタイミングを逃さずにすみます。

取引所/販売所の手数料が無料

仮想通貨を売買する時にかかる手数料が無料。

手数料を考えずに取引できますがスプレッドは掛かります。

数千万円以上の大口OTC取引も可能

24時間365日、大口のユーザーに向けた優遇レートで売買が可能です。

※諸々条件あり

積立で安定した暗号資産取引

月々1万円から暗号資産の積立が可能です。

初心者でも気軽に始められるのが特徴です。

購入単価を引き下げる事ができるので、長期で安定した投資ができます。

コインチェックの取引通貨、取引単位、手数料など

取引通貨(16種類) ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) イーサリアムクラシック(ETC) リップル(XRP) ネム(XEM) ファクトム(FCT) リスク(LSK) ライトコイン(LTC) モナコイン(MONA) ビットコインキャッシュ(BCH) ステラルーメン(XLM) クアンタム(QTUM) ベーシックアテンショントークン(BAT) アイオーエスティー(IOST) エンジンコイン(ENJ) オーエムジー(OMG)
最低取引単位 円建て500円相当
取引手数料 スプレッド
レバレッジ取引 なし
スマホアプリ 274万DLの優れたUI/UX
形式 販売所

コインチェックの口コミを集めました

アプリが使いやすい♪

いくつかの取引所を利用しておりますが、コインチェックを一番活用しております。
毎日のように見るアプリのチャートは見やすく、所有している仮想通貨が高騰するとワクワクします。
もちろん下落すると悲しいですが(笑)
チャットでは有益な情報が流れていることもありますので、眺めてるだけでも楽しいです。
ネム事件には巻き込まれてしまいましたが、返金されましたし、今後のセキュリティ面では万全の策を取ってくれるだろうと信頼しています。

やっぱりコインチェック!

いわゆる出川組です。
コインチェックではビットコイン、イーサリアム、人気の高いリップルとネムを購入していました。
コインを盗まれるという事件がありましたが、言いたい放題のチャットも閉鎖することなく、ちゃんと後から日本円で盗まれたコインの分のお金を返してくれたので、誠意のある取引所だなぁと関心しました。
チャートも見やすいし、海外の取引所と違って日本語ですからね!
やっぱりコインチェックが使いやすくて好きです。

チャットがすごい!

アルトコインは国内取引所の中では多い方ですが、たくさんの中から掘り出し物を見つけたいなら海外取引所の方が面白いと思います。
コインチェックの特徴と言えば、異様に盛り上がるチャットではないでしょうか。
コイン毎に設けてあるチャットがすごく盛り上がっています。
取引に関係ない話や品のない内容も多々ありますが、たまに本格派の方からのレアな情報が見られたりして面白いですよよ。
ついつい見てしまう中毒性があります。

コインチェックの口コミですが、なんと言っても取引通貨数が多いのと、アプリが使いやすいのとチャットが盛り上がっているという口コミが散見されてます。

2015年1月のネム流出事件の印象が強く残っている人も多いですが、管理体制は一新されているのでセキュリティ面でも問題はないかと思います。

日本の暗号資産取引所といえば「コインチェック」

そんな老舗の安心感がある取引所です。

コインチェックの口座を開設するべき理由

コインチェック取引所

 

コインチェックは、日本では最大の通貨数を取り扱っているので投資スタイルの幅を広げるにはコインチェックが向いています。

 

また、各通貨ごとにチャットルームが開設されており、同じ通貨を持つ者同士の情報交換が可能となっています。

通貨の販売形式は「販売所」となる為、「取引所」よりはスプレッドは高くなってしまいますが、コインチェックでしか持てない通貨は魅力的です。

 

口座開設をするとチャットでの発言が可能となりますが、チャットを覗くだけなら口座を開設しなくてもできるので情報収集にも使ってみてはいかがでしょうか。

※USDを扱っている海外取引所のオススメはBinance(バイナンス)
バイナンス公式サイトはこちら